入院支援について

患者さんが安心して入院し、安全に手術、治療、検査を受けることができるように、スタッフが外来主治医と連携し、入院前から支援を行います。
当院では、令和2年4月から、入退院・周術期支援センターを開設しています。入院前の早い段階で、患者さんの病態だけでなく、手術に関連する問題点を多職種(麻酔科医、看護師、歯科医、歯科衛生士、薬剤師、理学療法士、管理栄養士、事務等)で把握し、可能であれば予め解決しておくことで、患者さんがより良い状態で手術に臨んでいただけるように診療を行います。
また、手術以外の治療や検査が主な入院目的である患者さんに対しても、同様に入院前より問診や説明を行い、その情報を病棟や事務と共有し、入院前から退院後も含めて患者さんがシームレスに生活が送れる様にサポートします。

診察~入院までの流れ

  • 入院・手術が決まったら、入退院・周術期支援センターへお越しください。
  • センターにて診察の予約を行います。
  • 麻酔科医による診察があります。
  • 必要に応じて、管理栄養士や薬剤師による面談があります。
  • 入院となります。
  • 受付時間

    平日 8:30~17:00
    ※土・日・祝日、年末年始は休診日となっております。
    初診日 月曜日~金曜日
    ご連絡先 092-642-5546
    場所 外来棟4階

    医師紹介

    入退院・周術期支援センターの今後について

    現在は外科系診療科の患者さんのみを支援対象としておりますが、令和3年秋頃に外来診療棟1階に移転・拡大を行い、内科系診療科へも支援対象を広げることを検討しています。

    ※令和2年12月、入退院・周術期支援センターの入口前で開所式の写真撮影を行いました。